日本語教師養成講座ならWJLC 充実の通信・通学・420時間総合講座で夢を実現

WJLCの特徴

WJLCの特徴とは

1 【日本語を教えるための実践的な How to を学習する】

日本語を教えるための実践的なハウツーを学習する

これまで日本語教育にまったくかかわったことがない人はもちろん、日本語教育の知識はあっても「目の前の学習者に日本語を教えなさい」といわれると、これはそう簡単なことではありません。そのために教育実習があると思われるかもしれませんが、日本語教育実習においては断片的な場面での教え方は経験しても、日本語を一から体系的に教える指導法を学ぶわけではありません。

本講座においては、大学で日本語教育を専攻した人や日本語教育能力検定試験に合格した人、あるいは実際に日本語教師として働いている人なども受講しています。その人たちに共通することは、日本語教育の知識はあるが、どうやって教えたらよいのかというHow to がないということです。結論からいうと、日本語教師の要件としてこのHow to があるかどうかが最も重要です。

日本の社会は資格社会といわれますから、だれもが資格取得が目的のようになります。日本語教師においてもこの傾向は同じです。 しかし考えてみてください。
いくら資格があっても実際に教えることができなければ資格は「壁に描いた餅」でしかありません。例えば、南米の奥地から受講している人にとっては、実際に目の前の日本語学習者にどう日本語を教えたらよいかということが切実な問題であり、資格はそれができるという前提でしか必要ではありません。

WJLCでは30年に亘りこの How to をどう教えるかを研究してきました。
多くの日本語教師養成機関では、検定合格や就職の確率を目玉にしていますが、本校のそれは日本語を体系的・効果的に教えることができる教師を養成することです。それができてはじめて資格が生きてくるわけで、その逆はあり得ません。

2 【通信講座で420時間講座の内容を学習できる】

WJLCでは、地理的、身体的、経済的、生活環境的な状況において通学講座の受講が困難な人に対して日本語教授法修得の機会を提供しています。

本講座には南米やアフリカの奥地から受講し、現地で日本語教師として働いている人も少なくありません。
また身体的な障害で自宅から外出することが適わない人が本講座を受講した後、スカイプ等の無料通話アプリ外国人の学習者に日本語を教えています。仕事があるため日本語教授法の勉強がしたくてもできなかったが、通信でできる本講座を受講し念願の日本語教授法を習得したという人もたくさんいます。

日本語教授法の学習は、通学講座でなければならないということはなく、通学か通信かというのは受講手段の問題に過ぎず、講座本来の目的ではありません。通学でなければならないといった類の声は通信講座受講者に対する差別的な風評でしかありません。

日本語教師には、いわゆる国家資格というものはありません。それゆえに日本語教師に求められるのは資質です。その資質の要件で最も重要なものは日本語教授法を修得し、実際の授業でプロフェッショナルに教える能力があるということです。ですから日本語教師養成講座においての目的は教授法の修得ということで、けして通学か通信かという受講手段ではありません。

これに関しては英語学校等でも同様です。WJLCの校舎があるオーストラリアの英語学校では、英語講師を採用する際に英語教授法修得という条件はありますが、通学か通信かという受講手段は問われません。

語学教師に対する評価は語学を上手に教えられるかどうかという点であり、教授法を通学で学んだか、通信で学んだかなどは評価の対象外です。
それでも不安をお持ちであるならば日本語教育の監督庁である文部科学省の文化庁にお尋ねになることをお勧めします。学習の手段に優劣はないということを明言してもらえるでしょう。

3 【英語を使った間接法の教授法】

ほとんどの英語圏の公的な教育機関では間接法での授業ができること、すなわち英語を使って日本語が教えられることが教師採用の条件になりますし、仮に間接法の教授ができない人が採用されても、教育現場での授業ができなければ採用は取り消されます。

WJLCの教授法では英語を介しているので、日本語を客観的に分析できます。
他言語を対照することではじめて日本語の分析的な説明が可能になりますが、これは日本語を日本語だけで教える直接法ではできません。

本講座は日本語学習者の視点で学習していくカリキュラムなので、通信のテキスト・学習教材をそのまま教室で使えます。これも他の見られないWJLCの大きな特徴です。

日本語教師は日本語の文法知識に関してもプロであるわけですが、実際には日本語の文法説明が苦手だという教師が大半です。
それはなぜかというと、自分の文法知識をどのように学習者に説明すればよいかがわからないからです。その点、WJLCのテキストを使って授業をすればテキストにある文法説明・解説文を読ませるだけで日本語学習者は文法が理解できるシステムになっています。
また、教師もその文を覚えることでどんな文法も容易に説明できるようになります。

英語を媒介語にする間接法を学ぶことで、他言語、例えばフランス語やスペイン語を間接法にして日本語を教える際にも応用できます。
その上、英語を媒介語にすることで、教師は英語の文構造や文法の学習になり英語力が飛躍的に伸びます。

© The World Japanese Language Centre. All rights reserved.